懐古園トリビア「三の門」

懐古園の正門は三の門

小諸を代表する「懐古園」を訪れると、まずはそのランドマークである「三の門」(重要文化財)が迎えてくれます。
城郭の正門である大手門から入園するようにはなっていません。大手門は城跡から少し離れた位置にあります。

懐古園の入り口がなぜ三の門なのかと言えば、かつて城内だった敷地を小諸駅が分断し、
大手門と三の門を隔ててしまったからです。さらにその周辺に民家や店舗が並び立ち、
かつての城内の範囲は狭くなってしまいました。

門の上にあった徴古館

さて、小諸城趾の文物を展示する「徴古館(ちょうこかん)」は現在懐古園の入り口脇に建物がありますが、
以前は三の門の楼上にありました。徴古館を見学することはすなわち城門の楼上に登ることだったのです。
当店の先代である牧野直貞が晩年その館長を務め、毎日三の門の2階に詰めていました。
まるで芥川龍之介の「羅生門」を彷彿とさせるような薄暗い楼閣の奥に小部屋があり、
こたつに当たりながら職務をおこなっていた先代の姿を思い出します。

憂き目に遭った三の門

三の門は江戸時代初期の元和元年(1615年)に創建されましたが、
江戸時代中期の寛保2年(1742年)に大洪水で流出してしまいました。
大水が押し寄せて来たときに門番があわてて門を閉じたため、城門が耐えきれなかったのだそうです。
その後、明和2年(1765年)に再建されました。

再建当時は入母屋造りでしたが、明治中頃の修理で寄せ棟造りに改造されて現在に至ります。
門の両袖の塀には矢狭間(やざま)、銃丸(つつまる)銃砲狭間がある戦闘的な城門であり、
門を支える石垣は、ひとつひとつが加工された切込はぎの石積みによって築かれています。
小諸城内の石垣が自然石をそのまま積んだ野面積(のづらづみ)であるのとは対照的ですね。

廃藩置県ののち明治5年に小諸城の入札がおこなわれ、
三の門は北御牧村(現在東御市)の小山氏が引き取りました。
しかし大きすぎて千曲川を渡せなかったため懐古神社に寄贈され、
かつての姿に戻されることとなったのです。
なお、三の門正面に掲げられた「懐古園」の額の金文字は、
16代徳川家達公(最後の15代将軍慶喜のあとを継いだ16代当主)の筆によるものです。

当店では小諸名所である三の門を南部鉄器の飾り皿として鋳込み、販売していました。
在庫と陳列品が少々残っておりますので店頭とオンラインショッピングで取り扱っております。

「三の門 飾り皿」の商品ページはこちら