コモロスミレについて

「コモロスミレ」は多くのスミレの種類のうち固有の品種で、花びらが八重咲きの他に類を見ない花です。
大正時代末期の1923年に小諸市で発見され、のちに市の天然記念物および市の花に指定されました。

多くのスミレと同様に4月下旬〜5月にかけて濃い紫色のかわいい花を咲かせますが、花びらの枚数は決まっているわけではなく、同じ株でも一重から八重咲きの花が混在することがあります。
丹精して育ててもなかなかうまくゆかず、痩せた土地に種が飛んでそこで元気に育ったり、道路際のコンクリートの隙間で花を開いていたりする気まぐれさにも親しみがわきます。

近年は小諸市内でも目にする機会が少なくなり、手に入りにくい希少な存在となってきました。

当店ではコモロスミレのオリジナルデザインを使った商品を販売しています。