コモロスミレについて

「コモロスミレ」は固有の品種で、花びらが八重咲きの極めて希少なスミレです。 大正時代末期の1923年に小諸市で発見され、のちに市の天然記念物および市の花に指定されました。

多くのスミレと同様に4月下旬〜5月にかけて濃い紫色のかわいい花を咲かせるのですが、 花びらの枚数は決まっているわけではなく、同じ株でも二重から八重咲きの花が混在し、そんな気まぐれな面にも親しみがわきます。

当店ではコモロスミレのオリジナルデザインを使った商品を販売しています。