野沢温泉ゆかりの「鳩車」は当店の人気商品

信州野沢温泉の郷土玩具「鳩車(はとぐるま)」は、
当店においても長年販売を続けているロングセラー商品です。
現在でも未だ人気が衰えず、おかげさまで全国各地からご注文を頂戴しております。

かつて野沢温泉村の周辺にはアケビが多く、その蔓を利用した民具が作られていました。
鳩車ももともとはアケビの蔓でできていましたが、原材料の不足や高騰により籐の蔓で作られるようになりました。
それゆえ出来立ては白く、年月を経ると渋い飴色に変化して味わいが増します。
真っ白の在庫品よりも色の変化した展示品のほうを求めたがるお客様もいらっしゃるほどです。

商品にお付けしている由来書には伝説とも言うべき古の出来事が書かれており、
それもまたこの玩具に想いを馳せるよすがになろうかと思いますが、
鳩車がこれほどに全国で有名になったきっかけは、
昭和36(1961)年4月に長野市で開催された産業文化博覧会において、
会場を訪れた美智子妃殿下に献上された様子がテレビで放送されたことによるもののようです。

籐の蔓を使い、半日以上かけてひとつひとつ作られる可愛い鳩の玩具、
おひとついかがでしょうか。

当店の「はと車」商品各種は商品カテゴリー「その他」の末尾ページにございます。

はと車(中サイズ)

「はと車」中サイズは直接こちらからもご購入いただけます。

はと車の由来
「はと車」の由来(クリックすると拡大されます)