美しい白樺にはふしぎな性質があるのです

鳩シリーズに使われる白樺の木

シラカバはシラカンバとも呼ばれる、カバノキ科カバノキ属(学名:Betula platyphylla)の落葉樹です。
信州の代表的な樹木だけあって、長野県の県木に指定されています。

温帯から亜寒帯にかけて分布し、当店の位置する小諸周辺や軽井沢などの
爽やかな高原の空気をイメージさせる美しい樹木ですね。
実際、低地よりも高原地帯の白樺のほうが白さが増すそうです。
多くの方がイメージするように白い樹皮に包まれた幹が
真っ直ぐすっと立ち上がっているのが特徴なのですが、
大樹となっても樹高は20mほどにしかなりません。
葉は秋に黄葉し、冬には落葉して越冬を迎えます。

白樺の黄葉
秋には葉が黄葉する

樹木が伐採されたり山火事のおこったあと真っ先に生えてくるのは白樺です。
成長が早く、裸地で陽光をたっぷり浴びながらどんどん成長してゆくにもかかわらず
寿命が短いため森林を形成したのちには他の樹木に取って代わられ
管理をしなければ1代限りで消えてしまうのだそうです。
面白いことに白樺の樹皮には殺菌効果のある成分が含まれているので、
倒木したあと材は腐っても白い樹皮だけ残るとか。

白樺の幹
美しい樹皮を持つ白樺

当店で販売している鳩シリーズにはこの白樺が原材料として使われていますが、
県木として指定されている上、森林伐採には制限があるため
なかなか材が用意できないことがあります。
ようやく手に入った白樺の木もそのまますぐに製品になるわけではなく、
表面の白い樹皮を手で剥き、1年以上乾燥させてから
ようやくロクロで削り出しにかかるのです。
最近では太い木が手に入りにくくなっており、
それも苦労のひとつのようです。

白樺材
原料となる白樺材

白樺は樹皮だけでなく木肌自体も白っぽく、彩色したときに絵の具がよく発色します。
木質が柔らかく加工しやすいことも、県内で民芸品に使われ続けてきた理由のひとつでしょう。
また材の比重が小さいため製品になったときに軽くできることと、
フタを開け閉めしたときにカラカラと乾いた音がするのも耳に心地よいです。

加工中の商品
加工中の鳩の砂糖壺

余談ですが、虫歯予防で知られるキシリトールは、当初は白樺を含むカバノキから成分が発見されたそうです。
北欧などでは白樺の樹液を採取して飲む習慣があり、日本でも製品化されて販売されています。
さらにその葉や樹皮にはビタミンC、タンニン、サポニン、フラボノイドなど美肌効果のある成分を含み、
樹液も含めてその効果をうたった化粧品も見かけますね。

白樺材を使った鳩シリーズ特集はこちらからどうぞ。